太陽シルバーサービス

住宅改修施工事例

移動円滑化のための通路面の材料の変更

要望

庭先の敷石に躓いて転倒し、手首を骨折、足首を捻挫しました。その後は庭先に出ることに対して不安を感じるようになり、気分転換ができない状態です。住宅改修を行うことで、安心して庭先に出られるようにして欲しい。

問題点

庭の通路には敷石が多数あり、路面から20~50㎜ほど飛び出ているため、躓いて転倒する危険性が高く実際に転倒歴もある。介護者である夫も不安を感じている。

改修のポイント

通路の敷石を取り除き、コンクリートで路面を平らに整備することにより、躓きによる転倒防止や滑り防止になり安心して移動できます。

改修前
改修後
年齢82歳
性別女性
要介護度要介護2
福祉用具利用なし
状況腰部脊柱管狭窄症による腰痛や下肢の痺れがあり、歩行や起立動作に負担を伴う。
お客さまの声

安全に屋外での歩行が行えるようになり、安心して庭先に出られるようになりました。ありがとうございました。