太陽シルバーサービス

住宅改修施工事例一覧

浴槽入替及び手すり設置工事

要望

平成26年12月、自宅の植木鉢を持ち上げたことで胸椎椎体圧迫骨折にて入院。平成27年1月退院。退院後、コルセット着用となる。入浴時の浴槽またぎ動作が困難となっているので、浴槽の高さを低くするとともに手すりの設置を行うことで、浴槽またぎ動作が安全に行えるようにしてほしい。

問題点

浴槽高が75cm(自作の15cmの踏台がある為、踏台からの浴槽高は60cm)あり、腰椎椎体圧迫骨折後で前傾姿勢をとることが困難な為、浴槽またぎ動作が困難となっている。現在は近隣に住む娘付き添いにて入浴を行っているが、浴槽またぎ動作時は介助が必要となっている。腰部関節痛や体幹バランスが悪くなっており、長時間の立位保持も困難となっている為、転倒リスクも高く、本人及び家族の不安が高くなっている。

関連カテゴリー

段差解消と屋外手すり取付

要望

玄関ポーチの階段の高さが不揃いであり、掴まるところもなく転んだりや躓く恐れがあるので段差の解消と、手すり設置をお願いしたい。

問題点

段差は13㎝と20㎝と不揃いであり掴まるところもないために、昇降動作に支障を来たし転倒のリスクが高い。スロープ設置も考えたが、玄関ポーチの前は駐車スペースとなっており、十分で安全な奥行きが確保できない。

関連カテゴリー

手すり取付(肘掛式手すり)

要望

手の力が弱く玄関の上がり框を昇降する際に上下肢の痛みもあり動作も緩慢であるため移動で困っています。手すりなどの設置を希望したいが手が不自由なのでどうしたらよいでしょうか。

問題点

通常の丸型手すりでは力が入らず掴んだり握ったりすることが困難であり、十分な支持が得られない。

関連カテゴリー

ドアノブの変更

要望

歩行器を利用してトイレまで移動し排泄を行っているが、トイレ扉ノブが丸ノブで回しにくく開閉しにくい為、容易に開閉が行えるようにして欲しい。

問題点

丸ノブを掴んだり握ったりすることが困難であり、トイレの出入りがスムーズに行えていない。

床材の変更

要望

自宅の廊下や居室の床材はフローリングであり問題はありませんが、寝室がカーペットのため電動車いすを操作時に、毛並みがタイヤに絡みつき細かい操作が困難になってきています。違う床材に変更が出来ないでしょうか?

問題点

カーペット表面の毛並が電動車いすのタイヤに絡み付きやすく、移乗時の細かい方向転換や操作が難しくなっている。

段差解消(敷居撤去)

要望

歩行が不安定となっており、足も上がりにくく、すり足となっているのでトイレ入口の敷居に躓き、転倒の不安があるので改善して欲しい。

問題点

トイレ入口の敷居高が35㎜(廊下側)、32㎜(トイレ内)ある為、トイレ出入の際、足がつまずき転倒の危険性がある。

関連カテゴリー

扉の取替え

要望

入浴の際、浴室扉が開き戸になっており、開閉時の動作困難なため、扉を開閉しやすいようにしてほしい。

問題点

扉が内開きのため開閉時の動作が大きくなり転倒のリスクがある。シャワーチェアーを使用しているため洗い場が手狭となりスペースが有効活用できていない。緊急時も外からの救出に困難を極める。

段差解消(かさ上げ工事)

要望

居室から、居間、トイレ、浴室、台所、洋室につながる廊下に段差があり、躓くことが多く困っているので段差の解消をお願いしたい。

問題点

廊下に接する各部屋の出入り口には20mmの段差があり、躓き転倒の危険性が高い。

関連カテゴリー

移動円滑化のための通路面の材料の変更

要望

庭先の敷石に躓いて転倒し、手首を骨折、足首を捻挫しました。その後は庭先に出ることに対して不安を感じるようになり、気分転換ができない状態です。住宅改修を行うことで、安心して庭先に出られるようにして欲しい。

問題点

庭の通路には敷石が多数あり、路面から20~50㎜ほど飛び出ているため、躓いて転倒する危険性が高く実際に転倒歴もある。介護者である夫も不安を感じている。

段差解消(踏み台付手すりの取付)

要望

自分で出来ることは行いたいです。洗濯物を干すとき縁側から移動していますが、段差があり昇り降りが困難になっています。段差を低くして握るところが作れないでしょうか。

問題点

洗濯物干し場までには縁側の段差(45cm)があり掴まるところもなく、現在の身体状況では安全に昇降動作ができていない。

関連カテゴリー

全カテゴリー記事を見る